恋愛心理学 挨拶

恋愛心理学における挨拶の概念についての説明

スポンサーリンク

恋愛心理学とは男女が恋愛をする際に知っておくと役に立つ心理学であり、その中には色んなメリットとなる情報があります。
そこで挨拶という行為について、恋愛心理学ではどのような意味合いを持つか調べていきます。
これは男女共に共通している内容となりますが、挨拶を行う時に大きな声で行うと好印象をもたれることが多いです。
大きな声で行うことによって、相手の印象や記憶にその人が残りやすい傾向があります。
ただ大きな声といっても必要以上に声を出すと逆効果になってしまうため、相手に聞こえるくらいの声量で大丈夫です。
また逆に小さいぼそぼそといった感じで行っても、相手がその声を聞き取ってくれないことがあるので注意が必要です。
なので声量が大きくなりすぎないように注意をしながら、相手にはっきりと挨拶をすることがポイントとなります。

スポンサーリンク

 基本的には大きな声ではっきりと挨拶することが、恋愛心理学において相手に好印象を与える傾向があります。
ですがそれ以外にも重要な要素というものがあり、それは相手の目を見ながら行っていくこととなります。
いくら声がはっきりしていても目線が合わなければ意味がないため、アイコンタクトを取るようにする必要があります。
アイコンタクトを取りながら行うことによって、自分に対してその行為を行っていると相手に認識させることが出来ます。
そして笑顔を見せながら行うとより効果的であり、相手に対しても安心感を与えることが可能です。
逆に顔を合わせても挨拶をしないと、自分に対して興味がないと思われることがあるので注意が必要です。
このようにいくつかの要素や要因を組み合わせることによって、相手に恋愛感情を意識させることが可能となっていきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加