好き避け 電話にでない

好き避けで電話にでない場合の対処法について

スポンサーリンク

好き避けをするタイプによく見られるのが、電話にでないといった奇妙な行動です。
このような行動は、意識的に行っている場合もあれば無意識にしている場合もあります。
現在では発信先の電話番号からすぐに相手を特定することが出来るため、敢えて電話にでないという行動もしやすくなっているのが現状です。
ほとんどの電話機には留守電機能がついており、メッセージを聞いてからかけなおすといったパターンも良く見られます。
電話にでない好き避けには、事前に電話をかける時間帯を伝えておくという対処法があります。
こうすることで、相手が出てくれる可能性が高くなるのが一般的です。
ですが、場合によってはこのような対処をしても全く改善しないケースもあります。
そういった時には、相手からかけ直してもらう方法をとるのがベストです。
メッセージを残すなどの方法で、かけ直さざるを得ないような状況を作れば相手から電話をかけてくる率が高くなります。
むしろこのようなアプローチの方が、恋の進展には効果的です。

スポンサーリンク

好き避けの行動をとるタイプは、概して受け身なことが多いです。
自分から積極的に行動を起こしたことが少ないため、恋愛においても常に相手からのアプローチを待っている状態と言えます。
失敗への恐怖心からつい好き避けをしてしまうことが多く、恋のチャンスを逃してしまうこともしばしばです。
このような相手の場合は、相手からの行動を引き出してあげるのがコツとなります。
自分で行動するという経験が積み重なれば徐々に自信が湧いてきますので、好き避けの行動も少なくなるのが常です。
従って、電話にでないという行動が見られても責めるような言葉は一切口にせず、相手からの能動的な行動を促します。
電話にでない理由を聞いたりすると、一層警戒心を強めることにもなるので、敢えて知らんふりをするのがポイントです。
やむを得ず出られなかったという言い訳を相手がしたら、素直に受け入れるようにすればさらに効果的と言えます。
包容力や安心感を感じさせるのが、好き避けへの一番の対処法です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加