好き避け デート 断る

好き避けでデートを断る場合について

スポンサーリンク

気になる異性からデートに誘われた場合には、通常は喜んで誘いにのるのが一般的です。
ですが好き避けをするタイプは、こういった絶好の機会も敢えて避けてしまうことがあります。
デートの誘いを断ることも実際少なくないのが本当の所です。
好き避けをする方は、一般的に現実的な状況を異常に恐れる傾向があります。
そのため、デートという密接な状況に極端にナーバスになってしまうのが厄介な点です。
自分と相手との関係が大きく変わることに対して、少なからず恐怖を感じています。
デートという現実の関係がスタートした場合、問題になるのが二人の関係です。
実際の状況の中では、思い描いたイメージも大きく覆される可能性が出てきます。
元々想像力に長けている好き避けをするタイプの方は、このような事態を避けるのが常です。
デートを断るのにも、実の所そういった理由が潜んでいます。
ですので、一度断られたとしても、嫌われてしまったと早合点するのは早急です。

スポンサーリンク

デートを断る行為には、自信のなさもかなりの確率で関係しています。
憧れの異性から誘われると、好き避けをする方は何かの間違いではないかと勘繰ることが多いです。
からかわれているかもしれないという疑問が湧いてくるため、結局断ってしまいます。
自分が相手に不釣り合いであるという認識があるのが、このタイプの厄介な点です。
こういった自己評価の低さは、概して経験のなさが背景にあります。
実際に物事にトライした経験が少ないため、リスクを極端に恐れてしまうのが一因です。
このような好き避けをする方を誘う時には、休憩時間などを利用するのがベストです。
一緒にお茶を飲むだけでも、相手との距離は縮められます。
最初は他のメンバーを加えるのも一つの方法です。
常に数名で出かけるスタイルを作っておけば、メンバーのドタキャンなどを口実に自然な形で二人きりになることが出来ます。
こういった少しベタなやり方も、好き避けする相手を口説くためには必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加