職場 同僚 好き避け

職場の同僚女性から好き避けされた時の対処法とは

スポンサーリンク

職場である時を境に同僚の女性から急に冷たくされるようになった、挨拶しても素っ気ない返事をされるなど女性の態度が急に変わる事があります。
一般的にこの場合に二つの可能性が挙げられます。
一つは好き避けされている場合で、もう一つは本当に嫌われている場合になります。
ただ基本的に人をいきなり嫌いになる可能性は低いと言えますので、多くの場合は好き避けされていると言われています。
何かがきっかけで男性として意識してしまい、どのように接すれば良いのか分からなくなった結果好き避けに発展してしまいます。
この好き避けと言う行動は恋愛経験の少ない学生に多く見られる行動でしたが、最近では成人女性にも見られるようになっていますので職場の同僚女性からされると言うケースも増えてきています。
なお本当に嫌われている可能性もゼロではありませんので、判断は冷静かつ慎重に行わないと後々の大きなトラブルの原因になってしまう事があります。

スポンサーリンク

同僚女性から好き避けされた場合の対処法としては、主に2種類挙げられます。
まずは自分も好意を持っている場合ですが、この場合は長いスパンで相手の心を解きほぐす事が重要なポイントになります。
このような行動を取ってしまう女性は、基本的に恥ずかしがり屋で自分に自信がない方が多くなります。
したがって、男性の方から積極的に誘っても中々進展しないケースが多くなります。
本当に自分を好きなのか、からかわれているのではないかなどネガティブな考えに陥りやすいので、結果を焦らずに長い時間をかけて付き合っていくことが求められます。
そして自分が好意を持っていない場合ですが、この場合はハッキリ断るか無視する事が対処法になります。
ただしハッキリ断った場合には思わぬトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、無視を続けることが良いとされています。
そうすることで相手も気持ちが冷めていきますし、余計な問題を抱えこむ事もなくなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加