大学生 好き避け

大学生の好き避け行動について

スポンサーリンク

大学生の好き避け行動は、学部が違ったりするとそこまで会う機会も毎日ではないので気づかれないことも少なくありません。
授業のとり方や学年などによって大学へいく日数のバランスは人に寄って異なります。
男女ともにゼミなどに入っていると通常よりも、コミュニケーションの回数は増えます。
大学生になると、一人暮らしをする人も少なくありません。
バイトなどの時間も、高校のときよりも長くいれるひとも少なくないでしょう。
アルバイト先での出会いは居酒屋などだと進展してカップルになるようなことも少なくないようです。
好き避けしていても働いて接触する機会が多いならば、恋も進展する可能性も高まります。
大学生になるとサークルなどもあるはずです。
飲み会などで好き避けするかたは、お酒の力を借りながら克服するひともいるかもしれません。
このように、高校生のときとは違います。
しかし、好き避けが完全になくなるともかぎりません。
年齢を重ねたことをきっかけに、変化していくといいですね。

スポンサーリンク

大学生になると、年上や年下などとコミュニケーションをとる場面も豊富になってきます。
サークルやバイトなど、年齢の差はほとんどないことが多いので、この時期に同級生以外とはじめて進展するようなことも少なくありません。
好き避けも年齢差があるならばかわいいと感じることもあるはずです。
同年代だと、どうしてもお互いをシビアな目でみるようなこともあります。
しかし、年齢差があるとその人らしさをそのままお互いに受け止めることができます。
このように年齢による変化や、恋愛をするターゲットが広がることも大学生によくあることです。
パートナーにならなかったとしても、このように好き避けにメリットがあることをお分かりいただけたと思います。
大学のうちは、時間に都合をいつけやすいということから恋愛に関しても興味をもつことも多くなるでしょう。
社会人になるとまた違った出会いもあると思いますが、今ある出会いや感情を大事にして参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加