好き避け 後悔

好き避け行動で後悔しないために

スポンサーリンク

相手の事がとても好きなのに、なぜかそっけない態度を取ってしまったり、思ってもいない憎まれ口をたたいてしまったり、というような行動を取ってしまうことはないでしょうか。
そのような行動は俗に「好き避け」と呼ばれ、「好き」なのに、「避け」てしまう、という意味を持つ、人間の心理行動を指します。
好き避けをしてしまう原因は「恥ずかしさ」です。
相手が好き、という自分の気持ちを相手に知られてしまうと恥ずかしい、または相手と普通に話したり顔を見たりするのがドキドキして恥ずかしい、という心理から、素直になれず、あまのじゃくな行動を取ってしまいます。
しかし、好き避けがエスカレートしてしまうと、相手に「自分の事が嫌いなんだな」と思われてしまう危険性があります。
そうなってしまうと、恋愛が成就する可能性も低くなり、相手からも避けられてしまうこともあります。
そのような状況になって後悔する前に、好き避けしてしまう自分の行動を見直すことが重要です。

スポンサーリンク

では、好き避け行動を直すためには、どのようにすれば良いのでしょうか。
まず一番大事なことは、「素直な気持ち」を大事にするということです。
たとえば、相手に話しかけられたら、普通は嬉しいものです。
しかし、恥ずかしさから、そっけない態度で、つっけんどんな言い方で返事をしてしまう人は、「嬉しい気持ち」を素直に受け入れてみましょう。
そうすると、自然と笑顔になり、相手と円滑なコミュニケーションを取ることが出来ます。
自分に素直になるには、勇気が必要です。
しかし、自分に素直にならないと、恋愛は成就しません。
相手に誤解を生ませ後悔してしまう前に、恥ずかしい気持ちを抑えて、素直な気持ちで心を満たし、幸せな気持ちをきちんと受け入れることが大切です。
そうすれば、おのずと相手に自分の好意が伝わってゆきます。
自分の気持ちを知ってもらうことから、恋は始まります。
好き避けをしてしまう人は、今一度自分の行動を振り返り、「素直」というキーワードを忘れずに行動するように心がけることがオススメです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加