好き避け 憎まれ口

好き避けの特徴でもある憎まれ口

スポンサーリンク

男女問わず、好きな人には決まって憎まれ口を言ってしまうという方は少なくありません。
憎まれ口だけではなく、照れてしまい何も話せず無口になってしまう人や逆におしゃべりになってしまい余計なことまで話してしまうなど、好きな人に対しての好き避けには人それぞれ色々なタイプがあります。
好きなのに避けるような行動や言葉を使ってしまうという方は損しているように感じるかもしれませんが、相手の印象がそうとは限りません。
好きな人にだけ明らかに反応や言葉が違うと自然と、相手も気になるようになるのです。
嫌よ嫌よも好きのうち、とありますがこれも好き避けの一つです。
特に男性の場合であれば好きな女性に対してつい意地悪をしてしまうということはあるはずです。
相手も多少の好意を持ってくれさえすれば、そうした好き避けも恋の発展には効果的なものへと変化していきます。
女性も、その人に対して色々な表情を見せられるようになるため、次第に特別な感情へと変化していきやすくなります。

スポンサーリンク

また、すでに恋人関係にある男女の好き避けや憎まれ口も時にお互いの関係を深めてくれます。
信頼しあっているからこそ、愛し合っているからこそ、憎まれ口を言っても壊れることのない関係であるという現実に安心を感じますし、なんでも言い合えるような関係へと変化していきます。
また、憎まれ口を超えて喧嘩をよくしてしまうというカップルでもそれ以外の時はとても仲が良かったりもします。
嫌なことを言い合っても互いのことを好きだという気持ちが強いためです。
男性と女性では感じ方やとらえ方に違いはありますが、お互いの気持ちがお互いに向いていればどのような憎まれ口や好き避けであってもお互いの関係をより強めてくれる一つの材料になるといえます。
もちろん、嫌なことばかりを言うのも相手が離れるきっかけにもなるため、好きだという気持ちを少しずつ出しながら、素直さと愛嬌を上手に使い分けて相手と良い関係を保つ努力をするのが好ましいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加