恋愛心理 メール 頻度

男女の恋愛心理を考えて、メールの頻度を調節しましょう

スポンサーリンク

男女が相手に好意を持ち、アプローチする方法はたくさんありますが、その中でもメールのやり取りは重要です。
どれくらいの頻度で送ったら嫌がられないか、また相手に好意があるということを伝えられるのか、さじ加減が難しいところです。
また男女の恋愛心理において、感じ方の違いもあるので、男女に共通して言えることではありません。
では、男性側からして、どれくらいの頻度で女性からメールを受け取ると嬉しいのでしょうか。
男性はメールを手段としてしか考えてなく、面倒だと感じる人も多いので、あまり毎日毎日送られてこられても厄介がられる可能性があります。
一度送ってみて、男性側の反応を観察し、やり取りを進めるとうまくいくでしょう。
また、何度も送りすぎて明らかに好意があると思われ、男性が追いかけられる立場だと気付いてしまうと男性は優位にたった態度にでるので要注意です。

スポンサーリンク

反対に女性側からして、どれくらいの頻度で男性から受信するのが適度なのでしょうか。
女性は恋愛において、メールという存在は重要なものです。
あまり男性からもらわないと、不安になる傾向があります。
なので、女性が返信する頻度も見ながらですが、最初は少し多めに送ってあげると、この人私に好意があるのかなと嬉しい気持ちになります。
恋愛心理として、男性側の時もそうですが、自分が追いかけられているという立場になると相手が優位な気持ちを持つので、たまに送らない日を作ったりして、女性の心を揺れ動かすのも効果的でしょう。
このようにメールの頻度ごときですが、男女の恋愛において駆け引き道具として、アピール方法として重要なツールとなっています。
どれくらい送っていいのかわからない、急に届かなくなったなど心配や不安がでてきますが、それも恋愛の醍醐味の一つとして楽しめるといいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加