恋愛心理 会話 視線

会話中の視線などから読み取れる恋愛心理とその傾向

スポンサーリンク

会話中、目の動きや視線、仕草などから、相手が自分に対して抱いているであろう恋愛心理がわかると考えられています。
しかし、男性と女性ではそれらの動きや使い方が異なるため、別の意味を示している場合もあります。
先ず、男性の場合は好意を寄せている相手の話を聞いている時に目を見ている傾向が高いです。
その為、男性が女性の話を目を見つめて真剣に聞いているのであれば、少なからずともその男性は相手の女性に対して好意を持っていると考えられるのです。
ただ、男性の中には、シャイで視線を合わせることが出来ないと言う人もいます。
女性の場合であれば、好意を寄せる相手と会話をする際、積極的に熱い視線を送りながら話をする傾向にあると考えられています。
女性は、意識している男性相手には、通常よりも積極的になることが多く、客観的に見てもわかりやすい恋愛心理であると言われているのです。

スポンサーリンク

一般的に提唱されている会話中の視線に関する恋愛真理については、主に次のことが挙げられます。
会話中に上目遣いで相手を見ていると言う場合、好意はあるが相手の気持ちがわからず不安を抱いている・親しくなりたいといった感情が隠れています。
また、異性がじっと目を見てくるのであれば、関心や興味があると言うことです。
ただ、誰の目であってもじっと見てくる人であれば、他人を気にして相手の心理を読み取ろうとしていることも考えられます。
話をしている最中に、相手が意識的に目を逸らすのは話をすることを拒否しているか話題を変えたい場合です。
ずっと目を合わせないと言うケースでは、話のペースに巻き込まれたくない、好意がないと言うことが考えられます。
誰と話をする場合でも目を合わせない様なひとであれば、神経がデリケートで傷つきやすい、対人関係を苦手としている表れとも言えます。
その他、瞬きが多くなると嘘をついている可能性があったり、考えごとや何かを思い出そうとしている時には目線が上にいくなど、会話中の視線の動きから様々な恋愛心理とその傾向が読み取れるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加