既婚男性 好意 サイン

既婚男性が好意を持った人に出すサイン

スポンサーリンク

人間は生涯に渡って誰かを愛するものです。
既婚男性も例外ではなく、場合によっては伴侶以外の人に恋心を抱く事もあるのです。
既婚男性が好意を持っている人に出すサインには様々なものがありますが、多くの人に共通するサインは妻との不仲アピールです。
そもそも既婚でありながら別の女性にアプローチする事に既婚男性は罪悪感を抱くものであり、大前提として相手も自分を愛してくれないだろうと考えます。
そのため、好きになった女性には妻との別れを考えていると匂わせたり、不仲である事を伝えるのです。
こうした相談に乗ってほしいと言われた場合、注意したいのが場所です。
もしも不倫が疑われるような場所に誘われた際は断るようにしましょう。
既婚男性と不倫が認められてしまった場合自分が法的に不利な立場に立たされます。
伴侶のいる男性に自分自身も好意を抱いている時は、言葉だけでなく相手がきちんと離婚するまで待つ事が大切なのです。

スポンサーリンク

自分自身の恋心を隠す事はできても、男性は好きな人に対する嫉妬は抑えがたいものです。
特に女性が同じ職場にいる特定の男性と親しくしている場合、二人に対して冷たい態度をとってしまう事もあるのです。
既婚男性から理由のない厳しい態度をとられた場合、それは好意のサインかもしれないと疑ってみましょう。
特に別の男性と親しく話し合った後にだけ態度が冷たくなる場合、好意が考えられるのです。
また妻がいる男性であっても好きな女性には好かれたいと考えるものであり、そのためにイベントごとを利用します。
クリスマスや誕生日は男性から女性にプレゼントを贈りやすい時期であり、気軽な形で喜んでもらえる物を手渡せるのです。
既婚男性からまめにプレゼントをもらう場合は好意のサインの可能性があります。
特に贈られる物が一般的な商品ではなく特別なアクセサリーや高価な物だった場合、注目する必要があります。
職場にいる大半の人に同じ物を贈っているのに自分だけ別のプレゼントだった場合も男性からのサインである可能性があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加