職場 年下男性 好意

職場の年下男性に好意をもったときの行動

スポンサーリンク

恋愛というのは、これまで描いていた理想と違う人に抱いてしまうことがあります。
対象外と思っていた職場の年下男性に好意を持ってしまったという経験を持つ人も案外多いものです。
同じ仕事をしているうちに、相手の仕事に対する取り組み方、スキルなどに惹かれて年下なのに憧れてしまうことなどよくあることです。
その場合、自分が年上だからと、指導しなければならないという心理が女性側に働くことも多いです。
しかし、型にはまって考えるのではなく、相手の尊敬できるところは、尊敬できると素直に伝えることが、恋愛の成就の一歩となります。
年下男性であったり、後輩であったりしても同じ職場の仲間です。
人として経験してきたスキルだけでなく、持っているスキルはそれぞれ違います。
好意を持った相手もこれまで学生だったとしても、積み重ねたものが魅力になっているのですから、自分が歳上であるからと、変なプライドを持って接することは、返って、マイナスです。

スポンサーリンク

職場の中では、年上であり、先輩であることも多いのでその中では節度ある範囲での行動が必要です。
会社を出てプライベートな時間には、時には相手に相談を持ちかけて、甘えてみることも好意の表し方のひとつです。
職場とのギャップを見せることで、相手に好印象を与えることもあります。
相手が年上でも守ってあげたいと思わせることができたら、恋愛を成就させる一歩となります。
男性の中には甘えたいという男性もいます。
会社ではいろいろ教える立場で指導して、厳しくしても、プライベートでは、甘えさせるという形もあります。
ここは、女性が、どういうスタンスで相手を好きになったのか、相手からどういう形で好意を持たれているかによって、異なってきます。
年下男性が相手であっても、恋愛の駆け引きは、人間対人間です。
相手のしぐさや行動から好意を感じることがあれば、自分から行動を起こしてみることが大切です。
年上だからという、プライドを捨ててひとりの人間として向き合う姿勢で接することが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加