視線 好意

視線と好意の関係について

スポンサーリンク

視線は、時に自分の感情を相手に伝える手段の一つになります。
上手に用いることで好意を示すことも可能です。
例えば、気になる異性に頻繁に視線を送ることで、相手も少なからず自分を意識し始めます。
目があったら意識的に逸らすという態度を繰り返すことで、相手の心の中には何となく疑問が沸き起こるようになるのが常です。
このように敢えて自分を意識させることが、まずは関係を進めるための第1歩と言えます。
このような方法は、普段話す機会のない異性の場合でも有効です。
遠くから見詰めることで、会話をしなくても暗に好意を示すことが出来ます。
何らかのきっかけで接触するようなことがあれば、お互い適度に意識し合えるのが一つのメリットです。
全く話したことがない相手でも、視線を折に触れて交わすことで何となく親しみの気持ちが生まれます。
実の所、男女問わず効果があるのがこの手の方法です。
相手に近付くチャンスがないという場合は、視線を活用すると思わぬ展開が得られることがあります。

スポンサーリンク

男性の場合は、一般的に視覚的な感覚に優れています。
ですので、女性は気になる男性の視線に敢えて触れる機会を持つことも一つのテクニックです。
特に面識がなければ変に勘ぐられることなく、相手のパーソナルスペースに入り込むことが出来ます。
人間は目にする機会が多いものに親しみを感じる傾向があるため、このようなやや遠回しな行動をとるのも相手に気づかれずに好意を伝える一つの方法です。
女性の場合は、中々好きな相手に視線を送れないといったこともあります。
そのような時には、こういった一工夫で相手に自分を印象づけることが重要です。
男性側が自然に自分を意識するようになれば、関係もよりスムーズに進めていけます。
むしろ、このような少し引き気味の態度がプラスに働くこともありますので、シャイな女性には特に適した方法です。
視覚を利用した恋愛テクニックは非常に豊富であり、恋の上級者になるためには、是非とも押さえておきたいテーマとなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加