視線 感じる 好意

視線を感じるときに相手からの好意を確信する

スポンサーリンク

人を好きになると相手の人にも自分のことを好きなってほしいという思いと持つことが当たり前ですが、自分の気持ちとは違って、相手の人の気持ちというものは非常にわかりづらく、その気持ちが恋愛感情なのか単なる友人としての気持ちなのかを判断することは本当に難しくなります。
人が人を好きになるというというのは絶対に何かきっかけがあります。
たとえばそれが相手から感じる視線であったり、好意があらわれる行動であったり、なんとなくこの人は自分に優しいと思ったり、いつも自分を見ているような視線を感じるといったことの回数が増えると自分も相手のことが気になったりするものです。
相手から視線を感じるときには、最初は自分が変な格好をしているのではないかと、何で見ているのかと不思議に思うものですが何度も同じことが重なると自分も相手のことを自然に目で追うようになってしまったりするのです。
そして、その状況がどういった状況なのか知りたくなるのです。

スポンサーリンク

人は気になる相手を自然に目で追ってしまったりするもので、好意のサインを感じるには相手の視線が一番の判断材料になります。
一般的に男性と比較して女性は自分の感情を隠すことが上手なので、普段仲間と一緒にいるときや大勢でわいわいしているときには相手が自分のことをどう思っているのかなどはわかりにくいのですが、遠く離れた場所にいる場合などにふと自分のことを見つめているということがあればそれは、その女性は自分に興味を持っていると考えて間違いありません。
この場合、気を付けなければいけないのは、自分から先に見ていて目があったのではないことです。
自分から先に見ていて目があったのでは相手から好意の視線を感じるということにはならず、自分が見ているから相手もなんだろうと思ってみていることになるからです。
これも何度も繰り返せば、相手に気にしてもらえますが、絶対に相手も自分のことが好きだと確信するためには先に相手からの視線を感じることが重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加