好意 勘違い

相手に好意があると勘違いしてしまう場合

スポンサーリンク

女性から男性への仕草で好意があると勘違いしてしまうようなことはいくつかあります。
恋愛においては告白のタイミングやいざ付き合った時にどちらが主導権を握るのかといったことにおいて、相手と自分の「好き」の関係性が大いに重要になります。
女性がこちらにどれくらい好意を抱いているのかを把握したうえで適切なアプローチをするべきです。
たとえば、笑顔での挨拶です。
笑顔で挨拶してくれると自分のことを思ってくれるように思いがちですが、女性はもともと愛想のよい人も多いので勘違いということもあります。
さらに、今度ごはんに行きましょう、飲みに行きましょうというのが社交辞令という場合もあります。
そして、メールの返信が早かったりメールに絵文字をつけて返してくれると、自分のことを好きであると思ってしまう男性もいますが、習慣やマナーとしてメールに返信を早くする人もいますし、何となく絵文字をつけている人もいます。
ですのでこれらの行動だけで判断するのは時期尚早です。

スポンサーリンク

もちろん、男性から女性へと行為と勘違いしてしまう行動もあります。
男性から、その服似合っているねと言われるだけで自分のことを思っているという風に勘違いしたりします。
そして、自分に笑顔を見せてくれたり、自分のことを心配したりしている様子を見せてくれると、自分に好意があると思ってしまいます。
そのなかで、勘違いということもありますので注意が必要です。
相手の状況をしっかりと見極めたうえで行動することになります。
優しい男性は女性のことを思って行う行動が自然と体に身についていることがあるからです。
相手の状態というよりも自分の状態に原因があることもあります。
たとえば、失恋している時や悲しいことがあったときに優しくしてもらえるような場合です。
好意を勘違いしてしまうことは、誰にでも考えられます。
普段から相手とコミュニケーションを取ることで自分の立ち位置を認識することが大切になります。
立ち位置がわかってから行動をすることで失敗も防げます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加