好き避け 言葉 意味

好きな人が発した言葉の意味を考えながらも好き避けをしてしまう

スポンサーリンク

特に意識する相手もおらず、毎日普通に生活していると、日々、人と会話をしても言葉の意味について深く考えこむこともありませんが、ひとたび人を好きになると、ほとんどの人はその人に関係するすべての言葉に意味を見出そうとしてしまいます。
それまでは全く意識していなかったのに、気になる相手が発する言葉の一つ一つに何か深い意味があるのではないかと思ってしまうものです。
これが恋の面白いところなのです。
何気ない一言に深い意味があるのではと、言葉の重要さについて考えることもなかったような日常が、誰かを好きになることによって一転してしまうのです。
相手から自分に向けて発せられた一言二言に、何か深いメッセージが隠されているのではと、まるでゲームをするときのような謎解きをするときのようなわくわくした気持ちがわいてきます。
その隠されたメッセージに前向きになって、さらに好きな相手について思いを巡らせるという時間が増えていきます。

スポンサーリンク

人を好きになってその人について思いを巡らせるのはいいのですが、一人でいろいろと考える間に、実際に二人きりになったばあいのシチュエーションについてもシュミレーションをしておいた方が良いこともあります。
なぜなら、多くの人に見ることが出来る現象として好き避けというものがあるからです。
好き避けは、好きな人がいる場合に本来ならその距離を縮めたいと思うところなのですが、その思いとは裏腹にうっかり距離が縮みそうなときにふいと無視をしてしまったり興味などまるでないかのように他人のように冷たくして知ったりする現象です。
これはつい相手のことが大好きだという本心が周囲や好きな相手にばれてしまうのではないということを懸念しての防衛本能からくるものです。
好きな相手がいる場合に、素直に好きだと態度に表すことができればいいのですが、ほとんどの人はそのようにはいきません。
ただ、この好き避けという行動をとってしまう人はたくさんいるのでそれほど気にすることでもありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加