好き避け 理由 女心

好き避けをしてしまう女心の理由とは

スポンサーリンク

恋をして、相手の男性を好きになって、恋が成就する夢を見るのは、女性なら何歳でも、誰もが持っている女心です。
恋を成就させるには、まず相手に自分の気持ちを知ってもらうことから始まります。
相手と話すときは自然と笑顔になり、目がキラキラと輝き、顔が赤くなる、などの行動や変化から、相手に自然と好きという気持ちが伝わっていきます。
しかし、それとは逆に、相手と話すときも、無愛想で冷たい言い方をしてしまう、目を合わせない、など、真逆の行動を取ってしまうことがあります。
実は、そのような行動は「好き避け」と呼ばれます。
相手のことが好きなのに、それとは真逆のあまのじゃくな態度を取ってしまう行動のことを指します。
好き避けの行動を取ってしまうと、相手や周りからも「相手の事が嫌いなのかな」と勘違いされてしまうことがありますが、実は好きだからこそ、してしまう行動なのです。
その理由には、とても複雑な女心が存在しています。

スポンサーリンク

好き避け行動をしてしまう理由は、「恥ずかしい」という気持ちにあります。
具体的には、「好きということを知られるのが恥ずかしい」ということです。
恋は、相手に自分の気持ちを知ってもらわないと発展しませんが、その知ってもらう、ということには、とても勇気がいるものです。
もし相手が、自分の事をあまり好きじゃなかったら、引かれてしまうかも、といったような恥ずかしさ、怖さから、このような行動を取ってしまいがちです。
しかし、好き避け行動によって、相手に「自分の事が嫌いなのかな」と思われてしまうと、恋が成就する可能性は少なくなってしまいます。
恥ずかしい、という気持ちに打ち勝ち、知ってもらう勇気を出すことから、恋は発展して行きます。
好き避けをしてしまう女性は、勇気を振り絞って、自分の素直な気持ちをそのまま受け入れて行動をしてみましょう。
一歩踏み出せば、相手からの印象も変わり、相手も好意を寄せてくれる可能性もぐっとあがります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加