片思い 好き避け

片思い中の好き避けについて

スポンサーリンク

片思いは、成就をさせることが一つの最終目標です。
ですので、片思い中の好き避け行為はマイナスになると一般的には考えられています。
ですが、特に女性の場合にはこのような好き避けの行動が、相手の関心をひくきっかけになるのが常です。
ツンデレのようなやや特殊なタイプの女性を好む男性は以外に多く、ストレートなアプローチよりもむしろ好き避けの行動の方が効果的な場合もあります。
ですので自分の行動に悩んでいる女性は、希望を捨てないことが肝心です。
男性は一般的に露骨な好意を前にすると、引き気味になる傾向があります。
特に付き合う前の段階では、かなり戸惑うのが常です。
ストレートな愛情表現は確かに魅力的ですが、男性の複雑な心理を前にしてはやや控えめにするべき時が出てきます。
その点、男性の気持ちのツボを無意識のうちに押さえているのが好き避けをする女性です。
自分の気持ちを素直に出せないという困った傾向が、プラスに働くことがあるのが恋愛シーンと言えます。

スポンサーリンク

一説によると、片思いは出来るだけ相手にバレない方が良いと言われています。
何となく気がある風に装い、明確な結論を与えないことがポイントです。
やや曖昧な印象を与えておくことで、自分を意識させつつも距離を保つことが出来ます。
男性は、概して手に入りそうで入らないものを求める傾向があるのが一般的です。
従って、好き避けの傾向を上手に生かして、相手からの行動を引き出すことが一つの課題となります。
ストレートな感情表現を常とする女性は、自分の行動によって男性が引いてしまうことに少なからず悩んでいます。
好き避けをする女性は、無意識のうちに男性の気を引く行動がとれることから、考え様によっては却って有利です。
恥ずかしがりの性格を克服することが出来れば、意識的に避けるという行動を活用していくことが出来ます。
自分の傾向を嘆くのではなく、積極的に生かしていくことが重要です。
男性の性質に効果的にアピールしていくことが出来れば、片思いの成就も現実になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加