恋愛心理 真顔でじっと見る

真顔でじっと見る時の恋愛心理について詳しく解説

スポンサーリンク

真顔でじっと見る時の
見られた側と見る側の恋愛心理を
ご説明します。
見ている側の恋愛心理としては
気になっているからと考えて良いのです。
何を理由に気になっているかは考えるべきですが
あなたと何かの理由で関わる気はあるのです。
なぜなら真顔でじっと見るという事を行えば
声をかけられる可能性も充分にあるにも関わらず
見ているからです。
そして真顔というところがポイントですが
これは何か真剣な話があるとみなせるのです。
なのでその人と親しい場合は声を掛けて上げると
話を聞いてあげれますし
その事でより親密な仲になれる事でしょう。
そして

見る側の心理も解説します。
見る側の心理は声を掛けて欲しいからですし
何か気になることがあるから見ていると考えて良いのです。
それに自分から声を掛けたくない場合
真顔でじっと見るという事をしていれば
話し掛けられるので関わり方としても使えるのです。

スポンサーリンク

真顔でじっと見るという状況の恋愛心理について
他の角度から解説します。
二人っきりで話している場合に見られるようなら
何か言い出したい事があって聞いて欲しい事があるので
その時話している話題は切り上げてその事を聞いてあげるのが良いでしょう。

男が女性の事を真顔でじっと見る場合は
女性の事を美人だと思っている訳ですし
好みとも思われているので相手の男が好みなら
自分から声をかけていっても良いのです。
今の時代は女性の方から声をかけたりするのも普通なので
女性の方からも積極的に行くと
関わる幅が広がりますのでおすすめします。

意識してじっと見ている場合とそうでない場合がありますので
ご説明します。

意識してわざと見ている場合は関わりたいけど
自分からは行けないという恥ずかしがりやな人だと分かりますし
無意識で見ている場合は無意識で気になっている訳なので
今後上手くいく事も分かるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加