好き避け 悪化 防止方法

好き避けの悪化の防止方法

スポンサーリンク

好き避けとは好きであるのに好きじゃないふりをしてしまう行動のことです。
恥ずかしがり屋やあがり症の人に多く、好きという気持ちはあるのに恥ずかしくてつい避けてしまうことです。
緊張してしまうこと、ネガティブな考えをしてしまうこと、異性と接すること自体苦手な人、自分に自信がなく恋愛に対して臆病な人であると好き避けをしてしまいがちです。
連絡を取る段階では、仲が良く会話を楽しむことが出来ても実際直接会うとなると無口になりよそよそしい雰囲気になる傾向にあります。
悪化すると、最初は好きなのか嫌いなのかわからないですが段々と相手にも不快な思いをさせてしまうことがあります。
好きという感情があっても避けられることはうれしいことではないからです。
また、悪化すると相手に自分のことが嫌いなのではないかと思わせてしまうことにもなります。
相手とより良い関係を築いていくために悪化の防止方法としては、自分が思っていることを正直に相手に打ち明けることです。

スポンサーリンク

自分の感情や思っていることを口に出さずに相手に理解させることは親しい間柄であっても、難しいことです。
好き避けという行動が理解できない場合は相手も戸惑ってしまいます。
嫌いだから避けているのではなく、好きだからこそ避けてしまっているということを正直に相手にきちんと伝えることが関係改善の第一歩となります。
他には、親しい友人を介して伝えてもらう防止方法もあります。
親しい友人に仲を取り持ってもらうことで、誤解や思い違いが少なくなります。
好き避けは行動に一貫性がないことも特徴です。
恥ずかしい気持ちと好きな気持ちが入り混じるので、積極的に行動に移してアプローチできる時もあれば急に消極的になることもあります。
そういった行動や自分の感情を相手に知ってもらうことで、相手がうまくサポートしてくれるようになると関係はうまくいく場合が多いです。
恋愛では、少なからず勇気を振り絞って行動することが求められます。
関係を悪化させたくなければ、勇気をもって打ち明けることが必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加