好き避け 駆け引き 恋愛

駆け引きの恋愛は好き避けるの繰り返し

スポンサーリンク

恋愛をしている時って、好きな人とずっと居たいですよね。
毎日一緒に過ごしたいというのが本音ではないでしょうか。
ですが、成熟するまではそこは我慢しましょう。
恋愛というものは、好きだけれど一緒にいる時間が取れないということも、お互いの気持ちを盛り上げることが出来るスパイスです。
というのは、毎日一緒にいることでそのありがたみを実感することが少ないからです。
ですが、たまに会えることで人はもっと一緒にいたいという欲を持つのではないでしょうか。
これは「好き避け」という駆け引きです。
できれば、この「好き避け」を使い、仕事やほかのことがあるときは無理をして時間を作るのではなく避けましょう。
好きなのに、避けることって辛いですよね。
でも、自分の時間を優先し充実させることで、もっと相手に会いたいと思わせることが出来たら駆け引きが成功したと思いませんか。
駆け引きをしすぎると、気持ちが離れていき恋愛自体うまくいかなくなってはいけないので「好き避け」を利用し適度に好きな人との時間をあけましょう。

スポンサーリンク

恋愛においての、駆け引きは「押して、引いて」の繰り返しです。
これは、好きだといってアプローチするけれど、たまに避けるということではないでしょうか。
押して押して押して...ということになると、人は追われた感じがしてやがて逃げていきます。
ですが、すごく好きだと言ってアプローチしてきてくれたのに、ふと避けられたら人の本能的に気になりますよね。
「どうしたんだろう、もう嫌いになったのかな」なんて思うものです。
その心理を活用しましょう。
好きな人を避けることも一つの手ではないでしょうか。
押すばかりが、恋愛を成熟させることが出来るわけではありません。
どうしたら相手が、自分のことを気にしてくれるのかを考えながら駆け引きをしましょう。
そのような地道な駆け引きが、やがて幸せをもたらす恋愛へと発展していくことができるのでしょうか。
避けるときも、相手のリアクションを見ながら慎重にしていくことが失敗しない為のポイントです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加