好き避け 男性 行動 特徴

男性の好き避け行動には特徴がある

スポンサーリンク

女性が恋心を抱いている男の人から避けられた場合傷付くものですが、それは好き避けの可能性もあります。
好き避けには嫌い避けとは異なった特徴がありますので、見逃さないように注意しましょう。
意中の女性を好き避けしてしまった場合、男性自身もその行動を後悔するものです。
そのためその失敗を取り戻そうと、努力を始めます。
一時避けられたはずなのに気が付けば男の人が自分の傍にいる際は後悔している行動の可能性があるのです。
また言葉で好きな女性と話せない男性は言葉以外の方法で気持ちを伝えようとするのが特徴的です。
避けられているはずなのに頻繁に視線を送ってきたり、他人経由で自分の言動を探られている時は注目しましょう。
他にも好きだからこそ生まれてしまう無視は悪意がありませんから、よく見ると表情にそれが表れています。
言葉は返してくれなくても 男の人が頬を赤らめていたり挙動不審になっている事がありますので良く観察しましょう。

スポンサーリンク

好き避けから特定の男性にきつい態度をとられた場合、嫌い避けの可能性を考えて落ち込んでしまいます。
しかしこうした行動が常に大勢の人の前で起こる場合、男性が周囲の目線を気にして自分の恋心を隠そうとしている可能性があります。
こうした行動をやめてもらうためには、自分自身が傷付いた事を隠さないのが大切です。
好きだからこそ避けてしまう行動は男性自身が乗り越えなければいけない問題ですから、時には距離を置いたり怒る事で自分の気持ちを伝えましょう。
逆に好き避けの中には大勢の前では女性に普通に話しかけられるのに、二人きりになった時に避けられてしまうケースもあります。
しかしいかに二人きりになる機会を避けられたとしても、好きであれば完全に身体的に離れて行く事はありません。
身近な場所に良く男性が傍にいる場合は嫌われていないと解釈しましょう。
ある男の人が自分に好意を抱いている場合、周囲にいるその人の友達が観察するような視線を送ってくる事もあるのが特徴的です。
友達も見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加