好き避け 好意 理由

好意から好き避けする人の理由を考える

スポンサーリンク

人が好意を抱いている人を好き避けしてしまうのには理由があります。
例えば自分以上に魅力的な恋のライバルが身近にいる場合、劣等感から好きな人を避けてしまうのです。
このようなケースでははなから自分の恋心が叶わないと諦めているために好きな人を避けてしまいます。
こうした異性に逆に好意を抱いている場合、自分から恋愛感情をアピールする事によって好き避けの原因を取り除きましょう。
逆に好き避けしてくる人に恋人がいるパターンも存在しています。
こうした理由はできるだけ無視したいものですが、恋人がいる人に手を出した場合それは社会通念上許されない行為です。
できるだけ自分の気持ちをアピールしつつ、好きな人が恋人と別れてくれるのを待ちましょう。
自分を避けてくる人に対して特段恋愛感情を抱いていない場合、それをアピールしましょう。
さり気なく好みのタイプが違うと伝えておけば諦めてもらえますので、過剰な避け方もなくなります。
また自分に恋人がいる場合はそれをアピールしておきましょう。

スポンサーリンク

世の中には社内恋愛を禁止している会社が存在していますので、そのような場所で異性に好意を抱かれた場合、相手は罪悪感から好き避けをしてくるものです。
もしもこういった恋愛を発展させたい場合はまず信頼できる先輩や上司に相談してみましょう。
前提として会社がそのような取り決めを作っていても、周囲に迷惑をかけない限り例外が許されるケースが存在しているのです。
また古株の社員に相談すれば過去に起こった類似の例を教えてもらえます。
逆に会社がオフィスラブに厳しい場合、転職を前提にして好き避けする人の好意を受け止めるのも良いでしょう。
そうした際は事前に相手の気持ちを確認する作業が欠かせません。
会社ではなく友達関係の中で異性に好き避けされてしまう場合、そこには将来的な理由があるケースも存在しています。
例えば相手が直近で留学を考えている場合、恋愛関係が発展しても別れなければならない可能性に怯えているものです。
しかしインターネットを使えば離れていても愛を深める事は可能ですから、相手の抱えている不安を取り除いてあげましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加