好き避け 好きすぎ

好きすぎて好き避けしてしまうことについて

スポンサーリンク

相手のことを好きすぎて避けてしまうことについて、男女ともしてしまう可能性があります。
好き避けは本人が意識していなくても、自然となってしまう方もいるようです。
毎日会う方によっては少し困りものでもありますね。
相手のことが普通だったのに好きになったら、変わってしまうようなこともあります。
好き避けはだれにでもおこるので、そこまで気にすることはないかもしれません。
相手にあった時に好き避けが出てしまうことが一番多いはずです。
好きすぎてさけてしまうのである場合一定の期間相手を思っていることでしょう。
そこで相手の親密度にもよりますが、まずは簡単なコミュニケ―ションからはじめてみてはいかがでしょうか。
職場ならば天気の話や、仕事の話などもいいかもしれません。
友人関係ならば、共通の友人の話をしてみるのもおすすめです。
関係によっても会話のチョイスを変えて、より親密になっていただくことにつながるとうれしいです。
勇気をだして一歩関係が進むといいですね。

スポンサーリンク

好き避け現象は、場合によっては気もちを逆にとられることもあります。
ある程度避けてしまったときは、気もちを誤解されていることを解かなくてはいけません。
なかなか誤解がとけなさそうだったら、まずは仲良くなることから始める必要があります。
最初の印象がそこまで良くなかった場合、印象が良くなることしかありません。
そのため好き避けした後は印象を変える好チャンスとなります。
これから、進展にむけて行動することを考えている方はぜひこのようなことも頭にいれてアピールしてみてください。
男性も女性も最近はどちらからのアピールも良しとされています。
最初のきっかけづくりをもし好きならば、自分からしてみるのも今後の進展につながるはずです。
もし、シャイでなかなか自分からアピールすることが難しいのであればダブルデートなど共通の友人とでかけてみるのも気軽にできます。
最初はラインなどでお互いのことをしって連絡をとってみるなどするのも最近ではメジャーです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加