恋愛心理学 復縁の決め手

恋愛心理学における復縁の決め手は充分な冷却期間にあります

スポンサーリンク

一度別れてしまった相手と、またよりを戻したいと思う人は意外にも多く、実際に復縁した後に良好な関係が長く続くカップルも少なくありません。
しかし、片方が復縁したいと積極的に思っていても、相手が同じ温度で復縁を希望しているかは分かりませんし、そのきっかけを作るにはタイミングや雰囲気、相談方法などいくつもの課題があります。
しかも一度別れたカップルがよりを戻して復縁に成功した例は多くありますが、一度復縁に失敗したカップルが、更に復縁に挑戦して成功したという例は驚くほど少ないのです。
そんな事態を招いてしまわないよう、復縁のきっか作りやシチュエーション、相談の仕方などは予め決めておき、万端な状態で相手に復縁したいことを伝えましょう。
復縁を持ちかける際は、お互いに落ち着いて穏やかに話し合える雰囲気が何より重要となります。

スポンサーリンク

恋愛心理学による復縁の決め手は、充分な冷却期間をおくことにあります。
どんなに早く復縁を持ちかけたくとも、相手が興奮状態にあれば良い返事をもらうことは非常に困難です。
特にケンカをしていたり、思想の不一致から別れたりしたケースでは、相手の気持ちが落ち着くまでにしばし時間が必要となりますので、焦らずにゆっくりと構えて相手が冷静になるのを待ちましょう。
復縁で一番大切なのは相手に「今ならこの人ともうまくいく」を思わせることです。
別れた後もこまめに連絡を取り合うなどして、この人といると安心できる・この人と一緒にいる時間は心地良いと思わせることで、スムーズに復縁できる可能性が高くなります。
また、相手があなたに対して「あなたのこういう所が嫌いだ」とハッキリと伝えている場合は、そのレッテルを剥がす努力をすることで、信頼を好意を回復することができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加