好き避け そっけない態度

そっけない態度をはじめとする好き避けと嫌い避けの見分け方

スポンサーリンク

好きだからこそ相手のことを避けてしまう態度を、「好き避け」と言います。
シャイな性格の男性に良く見られる性質として考えられていましたが、近年では女性の中にも好きな人を前にするとその様な態度をとってしまう人が増えていると言われています。
好き避けに見られる主な態度には、話している時に関係ない方向を見ていたり、好意を示しても反応があまり良くないなどのそっけない態度が代表的なものとして挙げられます。
この態度には、気になる相手と視線を合わせるのが恥ずかしい・自分の気持ちを悟られたくないなどの心理が働き、相手のことを思わず避けてしまうと言う傾向にあります。
しかし、中には「好き避け」ではなく「嫌い避け(嫌い・好意が無いゆえに避けている態度)」のケースもあると言います。
どちらも似たような態度であるため、それらの態度を見て誤解したり期待したりしないように、注意深く相手のことを見極めて分析する必要があるのです。

スポンサーリンク

そっけない態度は、された相手にとっては嫌な気分になってしまったり、印象も良いとは言えないものです。
「好き避け」と「嫌い避け」を見分けるポイントには、接し方や各種反応、そして仕草などが挙げられます。
話をしている時に相手がそっけない態度をとったとして、顔が赤くなったり、何となく落ち着かない様子であれば「好き避け」である場合が多いと言います。
逆に、特にこれと言って挙動不審な様子が見られなければ、それは嫌い避けである可能性があるのです。
「好き避け」をしてしまう人は、相手に気付いてほしい・あまのじゃく・受身で嫉妬心が強いなどの心理を隠し持っている傾向にあります。
また、中には自分の容姿・体質的な悩みなど、コンプレックスを抱えており、相手から嫌われたくないためにそっけない態度をとってしまうと言うケースも挙げられます。
尚、そっけない態度をとられたからと言って、相手に対して色々と質問してしまうことは大人気なく鬱陶しく思われてしまうため、相手の反応や態度から気持ちを汲み取ることが最良です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加