好き避け ドタキャン

ドタキャンは好き避けの場合もあり

スポンサーリンク

好き避けとは、好意をもっているのに、相手や周囲にその気持ちがばれて気まずくなるのをおそれるあまり、避けてしまう行動のことをさします。
こうした人間関係のトラブルをおそれる傾向は年々強くなっており、気まずくなるくらいならただの友人や同僚のままでいいと思う若者は増えています。
そのため、相手がどう思っているのかを見抜くのは難しくなってきています。
好きなのにむしろ避けてしまうため、一見すると嫌われているかのように感じることもあるかもしれません。
目が合うとそらされたり、自分と話すときだけ小声になったり口数が減ったりという行動は、一般的には自分に好意をもってないときの行動に感じられますが、好き避けの場合にもよく見られる行動です。
ドタキャンは、同様に好意がないときによく見られる行動と考えられてきましたが、好き避けの場合にも見られます。
なぜドタキャンをしてしまうかというと、相手に好意をもっているため緊張しすぎてしまい、緊張に心が追いつかなくなってしまうためです。

スポンサーリンク

好き避けによるものなのかどうかを見極めるにはどのようにしたらいいのでしょうか。
好きという気持ちがあるからこその行動なので、ドタキャンした方はキャンセルしたことを後悔している可能性が高いです。
好きならば、一緒に出かけたいと思う気持ちも当然あるからです。
そのため、キャンセル後に別の予定をたてようとしたりする場合には好き避けである可能性が高いといえます。
ですが、緊張が強いときには再度誘うこともできないときもあります。
そのような場合は、こちらから誘ってみて様子を見るのがおすすめです。
こちらから誘ってみて、その誘いにのってきたら好意をもっている可能性が高いでしょう。
逆に、こちらから誘っても何度ものらりくらりと断るようならば、残念ながら好意がある可能性は低いです。
このような経緯があった場合、デートの当日も緊張してうまく話せない可能性もありますが、帰ってからメールなどでフォローをいれるようにしましょう。
フォローがあるだけでもかなり印象は変わってきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加