好き避け 行動 一貫性

行動に一貫性のない避け方は好き避けの可能性がある

スポンサーリンク

職場や学校で関わる異性に避けられてしまう場合、とても傷付きます。
しかし良く観察するとそうした行動に一貫性がない場合、好き避けの可能性があるのです。
例えば自分自身が異性と親しく話した後にだけ避けられてしまうなら嫉妬による好き避けをされている疑いが濃厚です。
また避けられた次の日に相手が距離を詰めてきた場合も好き避けを後悔している可能性があります。
避けられている明確な理由が分からない上に相手の行動に一貫性がない場合は好意を疑ってみましょう。
自分自身も相手に恋愛感情を抱いているなら露骨に嫌がるのではなく互いの距離が縮まるまで待ってあげる事が大切です。
また自らアプローチするのも良いでしょう。
逆に相手の行動に一貫性があっても平等に異性だけが避けられている場合、嫌い避けではなく単純に異性に対する接し方が分からず戸惑っている可能性があります。
このようなケースではまず同性感覚で話しかける事によって相手の緊張をほぐしてあげましょう。

スポンサーリンク

自分自身を好き避けしてくる異性の気持ちが汲み取りたい場合は相手の行動を良く観察してみましょう。
例えば挨拶を避けられた後にまだそばにいる場合、自分の行動を悔いている可能性があります。
そうした行動には一貫性がないからこそ、好き避けしてしまう人の苦悩が表れているのです。
もしも好き避けしてくる人が言葉は返してくれないのにいつもそばにいる場合は注目してみましょう。
またこうしたナイーブな人は、そばに人がいる時に好きな人と会話できなくなってしまうタイプとできるだけ人がいた方が会話できるタイプが存在しています。
日頃の言動を観察して相手が喋りやすい環境を整えてあげるようにしましょう。
こうした人と恋愛を発展させたい場合は自分自身の言動に一貫性を持たせる事も大切です。
親しく話しかけようとした翌日に避けた場合、相手は混乱してしまうのです。
好意があると見せて冷たくするのは一般的な恋愛を発展させる上では効果的ですが、ナイーブな人は傷付けてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加