好き避け 嫌い避け チェック

好き避けと嫌い避けを見分けるチェックポイントについて

スポンサーリンク

好き避けとは、本当は好きなのにわざと好きな相手に興味がないような態度をする事です。
好き避けをする理由として考えられる事は、恋愛経験が乏しいために異性との接し方がわからずに冷たい態度をとってしまう事が考えられます。
また好意を相手に悟られたくないなどの心理状態が内面に潜んでいる可能性も考えられます。
いずれにせよ、好き避けの特徴としては好きな相手の事をわざと無視をしたり、好きな人が近くに寄ってきた場合に遠ざけたりするような態度として表れるのが一般的だといえます。
この点、好き避けと嫌い避けを見分けるチェックポイントがいくつか挙げられます。
嫌い避けとは、本心から相手の事を嫌いな状態を言いますが、嫌い避けの場合は相手を無視する態度の時に、顔の表情も冷たいケースが多いのが特徴的です。
他方で本心は相手のことが好きなのに、恥ずかしさから相手を無視する場合は、表情が恥ずかしがっているように見えるのが特徴であると考えられます。

スポンサーリンク

好きな相手の事をわざと避けてしまう状態を好き避けといいます。
これは恋愛感情がある事を好きな相手に知られる事で、相手に嫌われたくないといったような心理状態が根底にあると考えられます。
他方で嫌い避けの場合は本心から相手の事を嫌いな状態をいいます。
嫌い避けの場合は、メールの返信が非常に短文であったり、冷たいメッセージである可能性が高くなります。
他方で好き避けの場合は、メールの返信が遅かったりしますが、短文ではない事に特徴があります。
この理由としては、嫌い避けの場合は、未読のメッセージを放置しているのも嫌な状態なので短文でも良いから返信がしたいという心理が働くからだと考えられます。
他方で本心は相手のことを好きなのに、わざと避けている場合は、メールの返信が遅くなる傾向がありますが、これはすぐに返信をして相手に好意が伝わってしまう事を避けるためであると考えられます。
もっともこの場合、返信されるメールの内容は短文ではない傾向があります。
そのため相手から返信されてくるメールの文章の長さをチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加