好き避け 視線 サイン

好き避けかもしれない、視線から見る好意のサイン

スポンサーリンク

好きな人と話すとき、相手が視線をどこに向けているかによって、相手の気持ちのサインを見つけることができます。
視線が持つ意味は男性と女性では大きな違いがあります。
例えば、男性は嫌いな人の目を見て話すことを避ける傾向がありますが、女性は嫌いな人の目を見て話すことに抵抗がありません。
あなたが女性の場合、男性とあまり目が合わないと感じたら、それは好き避けではなく、脈なしである可能性が高いと判断した方が賢明です。
あなたが男性の場合、女性がじっと目を見てきたからといって、相手が好意を持っていると勘違いしてはいけません。
このように、目が表すサインは男女差があります。
そのため、お互いの認識がずれ、避けられているのでは、嫌われているのでは、と感じることがあります。
しかし、その違いをしっかり知っていれば、それがどういう意味を持つのかが正しく理解できます。
もしかしたら単なる好き避けかもしれない異性からの行為に気づけるようになりましょう。

スポンサーリンク

これから、視線の意味についていくつか例を挙げて紹介していきます。
まず、女性から男性に向けての視線ですが、女性は好きな男性にたいして、直接会話をしているとき以外、直視することを避ける傾向があります。
距離が離れているところから、相手が気付いて振り返ると、さっと顔を背けます。
これこそ男性が誤解しがちな女性からの好き避けのサインです。
次に男性から女性への視線について紹介します。
男性は先ほど紹介したように、嫌いな相手には目線をあわせませんが、好きな相手にたいしては目線を合わせようとします。
特に好きな女性にたいしては、相手のことを知ろうと興味津々な状態なので、まっすぐ目を見てきます。
また、目線よりも体が正直に感情を表すこともあり、体の向き、特に膝を相手に向けて話していれば、例え相手からの目線を感じなくても、好き避けである可能性は高いです。
これまで紹介したように、視線は好き避けの中で代表的なサインの一つです。
勘違いされやすいものでもありますが、好きな人との会話で意識するのもいいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加