好き避け 挨拶しない

好き避けの心理と、挨拶しない場合の心理状態について

スポンサーリンク

本当は好きな相手を無視したり、意地悪をしたり、挨拶をしない等の言動を行うことを好き避けと言います。
好き避けを行ってしまう心理状態としては様々な事が考えられます。
まず1つ目としては、恋愛経験に慣れていないために、好きな人と接する場面において、どのような行動をして良いのかがわからないという心理が挙げられます。
これは消極的な性格の人や、受験勉強や部活動に忙しくて、今まで恋愛経験が少なかった人に見られる傾向だと考えられています。
また、好きな人に挨拶しない事を内心では後悔している人も多いのが特徴だといえます。
本心では相手のことを好きなのに、適切な行動を行うことが出来ないために、後で悔やんだり自己嫌悪になってしまう人もいます。
本当に相手の事が嫌いな場合は、後で後悔することもありません。
また挨拶しない場合の表情についても、好き避けの場合は緊張している雰囲気が伝わってきますが、本当に嫌いな場合は雰囲気が冷たい様子が特徴です。

スポンサーリンク

好き避けをしてしまう心理として挙げられる事は、プライドが高いために他人に自分の恋愛感情を見せられないという心理が働いている事が推測されます。
また告白をして傷つく事を恐れている心理状態が働いていると考えられます。
したがって、好きな人と廊下ですれ違う時であっても、挨拶しない等の言動となって表れてしまいます。
好き避けを改善する方法としては、恋愛本や小説や恋愛関連のテレビを見る事によって、恋愛感情を伝えることは恥ずかしい事ではない事を知る事が大切となります。
また、場合によっては恋愛相談を専門とする心理カウンセラーに相談することも有効な方法となります。
プロである心理カウンセラーが、適切なアドバイスをしてくれるでしょう。
好きな人と親しくなれるきっかけの1つが、笑顔での挨拶であるために、挨拶しない言動を続けてしまうと、相手に嫌われてしまう可能性が出てきます。
したがって、自分の気持ちに正直になって笑顔で挨拶をする事を推奨します。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加