飲み会 好き避け

飲み会で好き避けを直すには

スポンサーリンク

好き避けという行為はどういったものでしょうか。
好き避けとは、好きなのに好きな人を避けてしまう行為のことです。
自分の気持ちとは裏腹に、わざと冷たい態度をとってしまうこともあります。
飲み会は絆を深めたり、好きな人とコミュニケーションをとる絶好のチャンスです。
しかし、せっかく好きな人と近づける場所なのに好き避けをしてしまうせいで、相手と距離を縮められずに終わってしまったという人も多くいます。
こういった飲み会での好き避けを改善するにはどのようにしたらいいでしょうか。
好き避けをしてしまう人には、内向的で恥ずかしがりやな人が多くいます。
そのため、今までコミュニケーションをとることを苦手としてきた人が多いのが特徴です。
飲み会の場でも、自分自身を出せることが少ないです。
特に好きな人が近くにいると、ほとんどしゃべられずに終わってしまうことも少なくありません。
自分の気持ちを相手に伝えるためには、まず、人と接する機会を多く持つことが大切です。

スポンサーリンク

人とコミュニケーションをとる上で一番大切なのが言葉です。
特に日本人はボディランゲージが少ないため、意思疎通の上では言葉がすべてといっても過言ではありません。
言葉の力を鍛える一番の方法が、本を沢山読むということです。
本を沢山読むことで、視野が広くなり、語彙力も鍛えることができます。
特に女性は男性が店員にどのような態度をとるかをよくみています。
その際、言葉遣いがしっかりしているだけでも好感度はあがります。
また、好きな人の好みを事前に把握し、その人が好きそうなジャンルを調べておくのも一つの方法です。
特に飲み会の場合は、仕事以外の話をできるチャンスです。
きっかけだけを作ってしまえば、場の雰囲気やお酒も手伝って、話が盛りあがります。
大切なのは、自分一人でなんとかしようとしないことです。
会話はキャッチボールで出来ています。
自分だけが頑張って何とかしようと思ってもうまくいくことはありません。
最初から肩の力を抜こうとせず、その場の雰囲気や相手に任せることも好き避けを直すには大切なことなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加