好き避け 性格

好き避けしてしまう人の性格とは

スポンサーリンク

好きな人と話しているのに、目が合わせられない、嬉しいはずなのに、あえて冷たい態度を取ってしまう、などの行動を好き避けと言います。
好き避けをしてしまう人は、好きな人と二人きりになれるせっかくのチャンスがあったとしても、あえてその場を避けてしまったりもします。
好き避けしてしまう人の性格は、実はとても純粋で不器用、そして恥ずかしがり屋である、と言えます。
好き避けをしてしまう原因は、恥ずかしい、という気持ちです。
自分の好意を知られてしまうのが恥ずかしいため、あえてそれとは逆の行動を取ってしまいます。
相手ことが好きだからこそ、そのような行動をとってしまう、そしてその不器用で純粋な性格が相手に伝わらない、というのはとても残念なことです。
恋は、相手に自分のことを知ってもらうことで発展していきます。
そのため、好き避けをしてしまう人は、勇気を出して違った一面を見せる必要があります。
相手に本当の自分の性格を知ってもらうことで、恋が成就する可能性も上がります。

スポンサーリンク

自分の気持ちに素直になるなということは、とても勇気のいることです。
素直な気持ちで相手と接すると、自分の表情や行動から、相手へ好意があるということが自然と伝わるものです。
それが恥ずかしい、と思う気持ちは当然のことです。
しかし、気持ちは、伝わらないと意味がありません。
好き避けがエスカレートし、冷たい態度で相手を怒らせてしまったり、ケンカになってしまう場合もあります。
そうなってしまうと、恋はおろか、友人である関係すら壊れてしまう可能性があります。
一度でも勇気をだして自分に素直になることが出来れば、そのような誤解や悲劇を招く可能性も低くなります。
また、いつもは冷たい態度で接しているのに、急にうきうきとした笑顔で会話をすると、相手はギャップを感じ、本当はかわいい子なんだな、と思ってくれるかもしれません。
人はギャップに弱いものです。
ギャップを見せるという意味でも、一度素直になり、ありのままの笑顔や態度で接すると、恋が成就する可能性がぐっとあがります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加