好き避け あまのじゃく

あまのじゃくな人の好き避け

スポンサーリンク

好き避けは人によりさまざまな言動となって現れますが、中でもあまのじゃくは察することが難しいものだと思います。
あまのじゃくな人は好きな人に対して嫌いといったり、嫌われるような言動を見せたりします。
そのようなことをしていると互いにとって悪い方向に陥るのですが、不器用なあまりその言動をやめることが簡単ではないのです。
本当の意地悪と好意のある意地悪は当人同士では気付きにくいものですが、周囲の人から見ると分かりやすいものである場合も少なくありません。
周囲の人は微笑ましいかもしれませんが、意地悪されている当人や意地悪してしまう自分に気付いたあまのじゃくは嫌な気持ちや苦しさがあるかと思います。
あまのじゃくは好きなのに嫌いと正反対で不利になってしまう言動をしてしまうのですが、これには原因があります。
主としてある大きな原因は、自分に自信がないということです。
自分が好きでも相手が自分を好きではなかったらどうしようという不安があるのです。

スポンサーリンク

好きと伝えた時に好きではないと返されることが恐いので、傷付くことを避けるために嫌われるような言動を見せるのです。
傷付くことを恐れる人は、プライドが高かったり繊細である可能性があります。
それら性格は自分を保つために存在しているので、悪くは言えません。
しかし好き避けによるあまのじゃくを続けることは、誰にとっても良いこととは言えません。
改善するためには、人を救う存在が必要になります。
もし恋人や気になる人があまのじゃくであったり、嫌いとか言ってくるけど心底悪い感じがしない場合には対応を考えましょう。
相手が自分を好きだという自信がなく素直になれない心理状態なので、好きだということを真意を持って伝えることが大切になります。
好きだと言っても疑いを持つ場合が多いので、言えば良いという軽い気持ちではなく温かい心からの気持ちで伝えてください。
不器用な人でも、好意や愛情を真っ直ぐには示すことで心を開いてくれます。
言葉で示すことは難しいかもしれませんが、些細な言動で好き避けなんだと分かると思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加