恋愛心理学 男心 視線

恋愛心理学における男性の視線とその動きから読み取る男心

スポンサーリンク

恋愛心理学上、男性の視線は自分に対する好意など、男心を判断する材料のひとつになり得ると言われています。
ことわざにも「目は口ほどに物を言う」という言葉があり、恋愛においても大きく影響していると考えられているのです。
恋愛心理学では、視線とその動きが大変重要な要素として挙げられており、男性と女性ではその心理が異なる傾向にあります。
男性の中には、好意を寄せる相手の前で無口になってしまったり、仕草や態度、表情などがぎこちなくなったりすると言う人も少なくはないのですが、特に意識せずとも視線だけは素直であるため、誤魔化すことが出来ないと考えられています。
また、ほんの少しの時間で心理を読み取ることが出来るので、相手の様々な気持ちを理解したり判断する基準や要素、または重要なポイントとしても挙げられているのです。

スポンサーリンク

恋愛心理学において、男性にはハンティング本能があるため、特定の男性と頻繁に視線が合う場合には好意を持たれている場合が多いです。
また、じっと見つめてくる、瞳孔を開いて見つめたり話しかけたりしてくる場合も、恋愛対象として意識している可能性が高いです。
瞬きが多いケースでは、緊張しているか活発で攻撃的な性格の表れと考えられており、嘘や隠しごとがある場合にもみられます。
相手の男性が目を合わせないのであれば、恥ずかしさや照れと言う場合があるほか、拒否されているという可能性もあります。
話をしている最中、相手男性の目がふらふらと泳いでいれば、隠しごとがあったり落ち着きがないことを示しており、同時に身振り手振りが大きくなるようであれば、少なからず好意を持たれている傾向にあります。
気になる男性がいるのであれば、視線とその動きに着目することで、相手の男心を恋愛心理学上ある程度把握することが出来るのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加