好き避け 攻略 アプローチ 仕方

好き避けをする異性の攻略法とアプローチの仕方について

スポンサーリンク

好き避けをする異性と交際を望む場合には、攻略法やアプローチの仕方を工夫する必要があります。
具体的な行動をとるに当たっては、こういった異性がなぜ好き避けの行動をとるのかを把握することが大切です。
多くの場合、好き避けをするタイプは自分の気持ちを相手に知られることを嫌います。
好意を示すことが恋の進展には欠かせないにもかかわらず、このタイプは敢えて興味のないふりをするのが特徴です。
そのため、余程注意して見ていないと本心に気づかないこともあり得ます。
また、プライドの高さから自分からアプローチをしかけることが出来ないことが多いです。
自信のなさや小心さをこういったプライドで隠しているのが、好き避けをするタイプに見られる傾向です。
プライドと自信のなさの間で、日々頭を悩ませているこの手タイプの本音が分かれば、アプローチの仕方を考える上でも有力なヒントが得られます。
正面からぶつかるよりも、意外性のあるアプローチの方が概して効果的です。

スポンサーリンク

好き避けをするタイプは、気になる異性が目に入ると途端に警戒モードになります。
自意識過剰の状態となるため、このような状況では攻略は難しいのが現実です。
従って、相手が隙を見せた瞬間を狙うのが一つのアプローチ法となります。
気づかれないように近づくことも警戒心を与えないための方法です。
例えば探し物をしていたり、何らかの困った状況に陥っている時であれば、好き避けをする心の余裕がないため自然に親しくなれる可能性が出てきます。
相手や自分への過剰な意識は、概して心にある程度の余裕がある時に生じてきます。
特定の事柄に気を取られている時には、余計な意識を持つゆとりがなくなるのが常です。
隙が生じるのは、このような時と言えます。
ですので、コンスタントに相手を観察していることで、遅かれ早かれ近づくチャンスが巡ってくるのが一般的です。
何かに集中している時や、重大な問題を抱えているような時を見計らってアプローチをするのがコツとなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加