好き避け 無愛想

好き避けをしても相手が無愛想だったときに注意するポイントとは

スポンサーリンク

好き避けなどの行動をするときには注意することがいくつかあります。
まずはチャットやメールなどの間接的なコミュニケーションをとってから相手の気持ちを把握することが重要になります。
ここで気をつけるポイントは積極的にアプローチをし過ぎると相手に負担をかけてしまうので注意が必要です。
まずは自然なコミュニケーションをするように心がけてください。
恋愛で焦る気持ちは禁物なので、ゆっくりと時間をかけてコミュニケーションをとることも重要になります。
相手が草食系などの恋愛に奥手の男性の場合は、とくにメールやチャットが効果的だと思います。
直接本人とコミュニケーションをとったときにそっけない態度だったり無愛想に感じても、メールやチャットだとイメージが変わると思います。
相手が恋愛に消極的な男性だったら、こちらから積極的にアプローチをしてリードしてあげるのも効果的だと思います。
好き避けなどの行動をする前に、まずはこちらの方法でコミュニケーションをとるようにしてください。

スポンサーリンク

 メールやチャットで自然な会話をすることができるようになったら、直接本人とコミュニケーションをとるようにしてください。
ふたりで会うのが難しいと思ったら、友人などに協力してもらって複数で会うのもお勧めです。
ふたりで自然な会話をすることができるようになったら、デートなどに誘っても効果的だと思います。
この段階で好き避けなどの行動をとって、相手の気持ちを揺さぶるのも効果的だと思います。
ここまでくれば相手がそっけない態度をとったり、無愛想になることはないと思います。
自分の気持ちに素直になって相手と接するようにしてください。
恋愛では相手に安心感を与えることが重要になるので、一緒にいて落ち着く関係を築くことが大切になってきます。
こちらの方法でコミュニケーションをとっていけば、きっと相手と自然なコミュニケーションをとれると思います。
恋愛で焦る気持ちは禁物なので、時間をかけてコミュニケーションをとることも重要になってきます。
ゆっくりと相手と距離を縮めるようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加