好き避け 接し方

好き避けしてしまう人に対する接し方を考える

スポンサーリンク

もしも自分自身に非がないのに特定の異性から避けられてしまう場合、それは好き避けの可能性があります。
自分がその人に好意を持っていない場合、できるだけ距離を置いた接し方をする事で相手を傷つけないようにしましょう。
こうした配慮は好き避けをする人に対してもしない人に対しても同様です。
逆に好き避けをしてくる異性を自分自身が意識している場合、相手の距離感にあわせながら自分の好意が伝わるような接し方をする事が大事なのです。
例えばいかに相手が緊張している事が分かっても、挨拶は欠かさずに行ないましょう。
好きだからこそ異性を避けてしまう人は自分自身の気持ちを上手くコントロールできないだけであって、好きな人から話しかけられる事には喜びを感じるものです。
特に一人きりになって落ち着いた時に思い出を噛み締める事も少なくありません。
逆に相手のテンポを飛び越えて派手なアプローチをする事は避けましょう。
特に周囲の目に怯えている人に対しては大切な配慮です。

スポンサーリンク

好きな人から好き避けされてしまう場合、相手の距離感を理解して少しずつ仲を縮めて行く事が大切です。
例えば言葉では会話が回らない場合、日常的に視線を送る事で気持ちを伝えるようにしましょう。
また会話を交わさなくても身体的にいつもそばにいれば相手も気にしてくれるものです。
言葉がなくても愛が伝わる接し方はありますので考えてみましょう。
逆に注意したいのが焦りです。
焦って相手の好き避けを非難した場合、繊細な人であれば傷ついて距離を置いてしまいますので注意が必要です。
大前提として好き避けをしてしまう男女は自分に自信がない人が多く、恋愛に対して奥手です。
一見プライドが高いから人を避けるように思えても内心は好きな人から嫌われたくない思いで一杯なのです。
そうした人に厳しい接し方をとる事だけは避けるようにしましょう。
こうした人は大勢の人がいる前だと好きな人と話しやすいタイプや、逆に二人きりの方が会話が弾むタイプが存在しています。
相手の性格を見極めて距離を詰めましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加