好き避け 誤解

好き避けで誤解しない方法と誤解を解く方法について

スポンサーリンク

自分が好きな人に冷たい態度を取られた場合に、多くの方は嫌われてしまったと考えます。
しかし全ての場合において嫌われているわけではなく、中には好き避けしている方もいらっしゃいます。
本当は好きなのに本人を前にすると、緊張や恥ずかしさから自分の気持ちとは正反対の行動をとってしまいます。
なのでこの好き避けの行動を誤解してしまう事はもったいないと言えますし、本人にも相手にも大きな不利益になると言えます。
したがってまずは相手が本当に嫌いなのか、それとも好き避けなのかを見極める事が重要なポイントになります。
基本的に好き避けの場合は、隠しきれない感情が表れる事が多くなっています。
と言うのも好きと言う気持ちは良い感情とされていますので、それを隠す事は不自然な事になりますし隠しきる事は困難な事だと言えます。
なので好きな人の前に出ると、自然と笑顔が出てしまったり声のトーンが変わるなどの変化が見られるようになります。

スポンサーリンク

一方嫌い避けの場合は、そのような変化が全く見られません。
いついかなる場合にも、相手に対する行動には変化が生じません。
と言うのも、好意を持っていない相手に対して行動を変化させる必要がないからになります。
ただ唯一変化があるとすれば、嫌悪感を示した場合になります。
頼みごとをした時などに眉をひそめるなどの反応が見られた場合には、嫌い避けの可能性は高くなると言えます。
なお自分が好き避けしていて相手に誤解されている場合には、一刻も早くその誤解を解く必要があります。
そうしないと相手に嫌われてしまう可能性がありますので、出来る限り早く対処する事が求められます。
一番簡単なのは、全てを打ち明けてしまう事になります。
本当は好きだけど恥ずかしくて避けてしまうと言った事を打ち明けてしまうのが、最も簡単で確実な方法になります。
ただそれができない事が多いので、その場合には友人などに協力してもらい相手に自分の気持ちを伝える必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加