好き避け やめさせる方法

好き避けをやめさせる方法とは

スポンサーリンク

好きな人についついそっけなくしてしまうというのは、恋愛における最も初歩的な悩みの一つです。
ですが、行き過ぎるとまるで自分が相手を嫌っているかのように錯覚されてしまう、好き避けの困ったところはそれにつきるでしょう。
自分が気になっている相手、もしくは付き合いたてで距離感を掴みかねている彼女に好き避けをされてしまっている場合で、大半の方はやめさせる方法を模索したいと考えるでしょう。
多くの人間が関わる中であらぬ誤解を招いてしまうのも不本意です。
そこで好き避けをやめさせる方法の初歩的なものをレクチャーします。
そもそも、なぜ好き避けをしてしまうかの理由はというと、素直になれないからの一言に集約します。
好きな人に自分の好意をストレートに示すのに、恥ずかしさやあるいは拒絶される恐怖感を覚えている方は、好き避けをすることで自分の心を守ろうとしているのです。
つまり、素直になったその後を考えて、行動に移せなくなっている状態なのです。

スポンサーリンク

上記したとおり、好き避けは素直になれない状態に現れる行動です。
けれど、言い換えればあと少し背中を押してくれる存在があれば、彼女の気持ちを動かすことも十分に可能です。
もし、彼女に無意識に避けられていると感じたのなら、恥ずかしさや外聞はかなぐり捨てて一言だけ言葉をかけてあげましょう。
その時、大勢の人の前よりは二人きりで話した方が、自分の気持ちを真摯に届けやすいです。
かけるべき言葉とは、自分はあなたのことが好きで避けられるのは悲しい、といったシンプルなもので十分です。
避けられてどのように感じたか、自分はどうしてほしいか、そのために自分にもできることはあるのか、以上の点をゆっくりと一つずつ相手の言葉に耳を傾けながら、確実に相手へと届けましょう。
お茶をしながらでも、食事をしながらでもいいです。
相手にリラックスしてもらって、話をちゃんと聞いてもらえる状態にこそ、この方法は効果を発揮します。
素直になってくれたら、自分はどんなに嬉しいか、その気持ちを伝えることこそ相手の頑なになっている心をほぐすために一番有効なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加