好き避け やめたい 治したい

好き避けをやめたい治したいと思う方へのアドバイス

スポンサーリンク

気になる異性の人を前にすると、会話が強い口調になってしまったり、あえて相手に興味関心がないような素振りをしてしまうということをしている方は多いです。
自分の思いとは裏腹に相手に対して不快ともとれるような態度や行動をとってしまう自分に腹が立ち、どうしたらこんな自分を変えられるか悩んでいる方が実は多いのです。
いわゆる好き避けという現象なのですが、こうした行動を何とかしてやめたい、治したいと考えている方にその方法を伝授します。
まずは相手の顔をしっかりと見つめて話ができるようになることを目指しましょう。
好き避けの方の特徴として、気になる人と会話をするときに相手の目を見て話すということが意外にできていないことが多く、結果として傲慢な態度やツンデレのようなことをしてしまい、相手に不快感を与えることにつながっていくのです。
たとえ本人に悪気はなくても、相手の目を見て話さないというだけで印象が悪くなりますので気を付けましょう。

スポンサーリンク

2つ目は、相手の立場に立って物事を考えるようにするということです。
好き避けをやめたい、治したいと考えている方にとって、実はこれがなかなか難しいと感じてしまうのですが、これができれば相手に確実にいい印象を感じ取ってもらうことは可能です。
例えば、相手が困っている時や助けてほしいときなどに、相手の目線に立って自分ならどうするかということを相手に伝える、ということが一例として挙げられます。
たとえそれが相手にとって不適切なアドバイスだったにせよ、自分のことをここまで察して解決案を提示してくれるのだということに感動する方もいますので、効果は絶大です。
人間誰しも自分中心で物事を考えてしまいますので、好き避けを治すならまずは相手の視点で物事を考える癖を身に着けることが大切です。
この2つをしっかりと理解したうえで、実際に行動を起こすことで経験値となり、気が付いたころには好き避けもだいぶ改善することができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加