好き避け 告白

好き避けしている相手に告白する方法について

スポンサーリンク

意中の相手がどうも好き避けをしているようだと感じたら、自分の方から距離を縮めていくことも場合によっては必要です。
好き避けをする方は一般的に頑なな態度をとることが多く、自然に仲が深まるのを待っていたのでは無駄な時間ばかりが過ぎてしまうといったこともあり得ます。
ですので、敢えてデートに誘うなどの思い切った行動をとるのも一つの方法です。
こういった好き避けをする相手との初めてのデートでは、友人感覚で楽しめるようなプランを提案します。
周囲の応援がある場合でも、お見合いのようなセッティングをするのはくれぐれも禁物です。
買い物やレジャーといったお互いが楽しめるような内容であれば、相手もOKを出しやすいと言えます。
恋愛感情をむき出しにするのではなく、自然に出かけられるようなデートがこのような相手の緊張感をとくためのアプローチです。
相手が興味を持っていることに対して、質問したりするのも有効な方法と考えられます。

スポンサーリンク

好き避けをする相手への告白は、出来ればある程度親しくなってからの方が無難です。
告白という行為は、少なからず相手に自分を意識させてしまうことになります。
好き避けをする方に突然告白することは、実際相手を混乱させる元です。
ただでさえ複雑な所があるこういったタイプの方は、一定の時間をかけて仲を深めていくことが大切になります。
告白は、する側にとっては気持ちの区切りをつける行為です。
ですが、された方にとっては一体どうしたら良いのか分からないこともしばしばあります。
そのため、妙に意識しすぎてしまい、結局距離が出来てしまうといったこともあるのが厄介な点です。
告白は、カップルがある程度親しくなってから行う方がより自然と言えます。
こういった告白の効果を、逆に利用するのも時に一つの方法です。
面識のない相手の場合は、敢えて気持ちを伝えて意識させてしまうというアプローチもあります。
その後に好き避けが始まる可能性はありますが、自分を印象づける効果は十分です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加