好き避け 両想い

好き避けするタイプの人と両想いになるには

スポンサーリンク

好きになった相手に頑張って話しかけてみたのに、なんだかつれない態度を取られて落ち込んでいるという方もいるでしょう。
それは好き避けの可能性もあるのですぐに諦めてはいけません。
これは相手を意識していることを知られないように自分を防御するために、普通よりもそっけない態度になったり、時には冷たくて嫌っているかのような態度を取ってしまう状態です。
好き避けをしてしまうタイプは恋愛に対して消極的であるとも言えます。
両想いでもお付き合いまでに時間がかかってしまいがちで、その間に積極的な人に横取りされてしまうといったことも起こりうるので、自分が好き避けをするタイプだと気付いている人は少しだけ勇気を出して好きな人にできるだけストレートな気持ちをぶつけるように意識し、わざとそっけない態度を取らないように気をつけましょう。
好きだから避けているのに相手は嫌われていると落ち込んで他の人と付き合ってしまうといった結末になることだけは避けたいものです。

スポンサーリンク

両想いなのに好き避けをしている人がお付き合いまで漕ぎ着けるためには、とにかく素直になることの一点に尽きるでしょう。
どちらもそっけない態度を取り続けていると何も話が進みませんし、そのうちに気持ち自体が冷めてしまうこともあります。
恋愛はタイミングが大切とはよく言われることです。
ちょっとしたタイミングを逃さずに、気持ちが熱く高まっているうちに相手の心をいとめましょう。
まずは、すれ違った時などに挨拶をするということから始めましょう。
その時にできるだけ相手の顔を見て、笑顔を忘れないようにすることです。
相手のそっけない態度に負けて、同じようにそっけない態度で返してしまっては意味がありません。
お互いに好き避けしている状態を脱するにはどちらかが素直になり積極的に行動することが必要不可欠と言えるのです。
そして、何か一言でも話しかけてみましょう。
好き避けしてしまう人は同じようなタイプの人の気持ちはよく分かるはずなので、安心できるように接するよう心がけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加