50代 男性 恋愛心理

一般的な50代男性の恋愛心理の傾向

スポンサーリンク

近年では歳の差カップルが増加しており、50代男性と20代女性が結婚するケースも増えています。
一般的な50代男性の好きな女性のタイプは、一緒にいて元気になるような明るい人、笑顔が可愛い人、多少わがままでもそれがかわいいと思える人、話題が豊富で会話を楽しめる人、キャピキャピしている人、とにかく若い人などです。
これらを見ると、50代男性には女性には若さを求めるという恋愛心理が働いている傾向があることがわかります。
実際に歳の差カップルの意見を聞くと、「若い女性と一緒にいると元気をもらえる」、「相手が若いと何をしても可愛いと思える」などの意見があります。
最近では熟年離婚をする人が増えていますが、離婚後に若い女性ではなく同年代の女性と恋愛をしたいと思う人もいます。
その場合は、「人生最後のパートナーを探したい」、「同年代の女性の方が一緒にいて気が楽だ」、「女性から一方的にわがままを言われるよりお互いにわがままを言い合いたい」などの恋愛心理が働いていることが多いです。

スポンサーリンク

配偶者の死は男女ともに大きな精神的ストレスとなりますが、配偶者との死別後の人生は男女で差があるとされています。
一般的に配偶者と死別した後の平均寿命は妻よりも夫の方が短いとされています。
その理由は、夫に先立たれた妻は1年程度落ち込んでもその後は気持ちを切り替えてのびのびと暮らすことが多いですが、男性はいつまでも気持ちを切り替えることができない場合が多いためだとされています。
また、日本では夫は経済的に家庭を支え、妻は生活上のサポートをするというケースが多いですが、妻は夫を失っても保険や年金で経済的損失を補えても、夫は衛生面などでのサポートを受けられなくなるので妻よりも失うものが大きいとされています。
また、離別した場合もその後の平均寿命は妻よりも夫の方が短くなる傾向があります。
このように、いくら経済面で余裕があったとしても身近に女性がいないと精神的なストレスが大きくなるため、男性はいくつになっても女性を求める傾向があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加