好き避け 気持ち 確かる

気持ちを確かるための好き避け行動

スポンサーリンク

恋愛感情を抱いている相手が、自分と同じような気持ちでいてくれているのかどうか分からないとき、好きなのにあえて避けたり、恥ずかしいからと嫌いであるかのようなふるまいをしたりする、いわゆる「好き避け」と呼ばれる行動をとってしまうことがあります。
また、相手に自分の恋愛感情を悟られまいとするときにも、同じようにわざと嫌いであるかのうような素振りを見せたり、目が合うとそらしたりすることがあります。
この「好き避け」行動についてをとる女性の特徴として、引っ込み思案であったり、自分に自信が無かったりすることが挙げられます。
自分からなかなか相手の気持ちを確かることができなかったり、自分の気持ちをストレートに伝えることができなかったりすると、つい本心とは反対の行動に出てしまうということが、こうした控えめな女性にはあるのです。
こうした態度の女性に接したときに、女性と接した経験がそれほど多く無い男性の場合、そのまま避けられていると受け取ってしまうケースも多く、恋愛が成就しないケースもよくあります。

スポンサーリンク

気持ちを確かるための行動であるかどうかを見極めるのは、男性にとっても難しい場合が多く、日頃から接する機会が多いのであれば、性格もよくわかっているので、態度の裏側にある本当の気持ちを汲み取ることもできるので、それが「好き避け」であることを理解してくれることもありますが、それほど接点がないなかで、「好き避け」行動に出られてしまうと、場合によっては気分を害してしまい、関係がこじれてしまう可能性もあります。
とは言え、「好き避け」をする女性は傷つくのを恐れたり、なかなか勇気を出して思いを伝えることができなかったりするからこそ、そうした行動をとってしまうので、堂々としてほしいと願うよりも、あえて少し引いてみるくらいの接し方をしながら、本当の気持ちを出してくるのを待つのが良いでしょう。
男性から見れば、本当に嫌われている可能性もあるため、基本的にはそうした女性に接するのを同じように接してみて、相手の様子を見ながら本心を探っていくべきでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加