好き避け 誘い 断る

好き避けする方が誘いを断る心理について

スポンサーリンク

人間関係を表す言葉の中に好き避けと言うものがあります。
この好き避けとは、自分が好意を持っている相手や気になる異性に対してわざと避けたりする行動の事を指しています。
基本的に好意から始まる行動なので、相手から誘いを受けた時には承諾する可能性は高くなりますし連絡先の交換などもスムーズに行えるケースが多くなります。
しかし好き避けする方の中には、相手から誘いを受けたばあいにも断る方がいらっしゃいます。
そうなってしまうと、多くの場合は好き避けではなく本当に嫌われていると判断してしまいます。
またこのような行動を取ってしまう方は意外と多く、交際に発展しない場合はほとんどがこのケースに当てはまります。
相手が誘ってきたにも関わらず断る事で相手に不快な思いをさせてしまいますし、一度断られた相手を何度も誘う人はほとんどいないと言えます。
なので誘いを断った事が原因で次第に疎遠になってしまうと言うケースは非常に多くなっています。

スポンサーリンク

基本的に好き避けは恥ずかしさが原因になっているとされています。
気になる相手に対して、好意を知られてしまうのが恥ずかしいと言う心理が基になっています。
また自分に自信が無い方も多く、それが誘いを断る原因にもなっています。
なので気になる異性から食事に誘われた場合、何か失敗して恥をかきたくない、誘われた事が悪戯なのではないかなどネガティブな考えに陥ってしまいます。
したがって、好き避けする方が食事やデートの誘いを一回断ったからと言ってすぐに脈なしと判断する事はやや軽率な判断だと言えます。
基本的にゆっくりと時間をかけて相手の心を解きほぐし、少しづつ信頼を得ていく事が何よりも大切な対処法だとされています。
なので焦って結果を急がない事が肝心になりますし、諦めずに何度も誘う根気も重要なポイントになります。
なお具体的な期間には個人差がありますし周囲の環境なども影響しますが、一般的には3ヶ月くらいが一つの目安になるとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加