好き避け 手遅れ

好き避けのしすぎが手遅れになった時のサイン

スポンサーリンク

意中の人を好き避けしてしまう男女は、それによって相手に嫌われてしまう事に最も注意しなければいけません。
事態が手遅れになる前に、状況を察知する能力を身につけましょう。
まず第一段階として、好き避けを続けられた側は相手に自分が嫌われていると認識します。
少しでも好き避けをしてくる当人に好意があったり仕事上関わらないといけない場合は折り合いが良くなるように努力を続けるのです。
しかし自信が努力しても相手に避けられてしまう事が続いた場合、人間は同じように避けてくる相手に距離を置くものです。
好きな人が自分に対して同じように挨拶を返さなくなったり名前を呼ばなくなった場合は注意しましょう。
その後事態が第二段階に進むと好きな人から嫌われてしまいます。
こうしたケースでは挨拶をしないなど受け身の姿勢だけでなく、会う事を避けられてしまうのです。
事態がここに至ると手遅れであり、好かれるために努力しても空回りに終る場合がありますから注意しましょう。

スポンサーリンク

好き避けのしすぎで好きな人との仲が手遅れになる前に小まめに自分の好意を示す事が大切です。
しかしそれによって相手が互いの距離を詰めてきた際に手酷く突き放すのはやめましょう。
気分屋だと思われてしまいますし、どのような距離感で接すれば良いのか分からず好きな人を混乱させてしまいます。
人間は行動原理が分からない人に対して気を使うものですから、少しでも好きな人に嫌われたくない場合は自分が相手を避けてしまう理由を明確に伝えると良いでしょう。
好きだからこそ避けてしまう事が伝われば、近付く理由も離れて行く理由も分かってもらえます。
こうした配慮は事態が手遅れになる前にすべきであり、好きな人から避けられる前の段階で気持ちを伝えてみましょう。
例え告白できなかったとしても、他人経由で自分がその人に好意を持っていると言う「噂」を広めてもらえば良いのです。
またバレンタインのような特別な日に好きな人に贈り物をすれば言葉で伝えなくても気持ちを分かってもらえます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加