好き避け 嫌い避け 勘違い

好き避けを嫌い避けと勘違いされないための方法

スポンサーリンク

好き避けを治せない男女が最も気を付けたいのが、自分の行動が嫌い避けだと好きな人に勘違いされるケースです。
こうした問題を防ぎたい場合、好き避けの「方法」を考えるようにしましょう。
例えば話しかけられた際に返事をせず逃げ出した場合、人間はそこに悪意以外の感情は見出せません。
例えきちんとした受け答えができなかったり目をあわせられなかったとしても、逃げずにその場にいる事で嫌い避けだと思われる事態を防げるのです。
また勘違いを防ぎたい場合、できるだけ好意が伝わる形の好き避けをする事も大切です。
例えば挨拶された時に真っ赤になって挙動不審になれば人はそこに好意からの「照れ」を感じとるものです。
他にも露骨に相手を避けてしまった後、できるだけそばにいたり矛盾する行動をとれば人はその理由を考えてくれるものです。
言葉ではきちんと会話を交わせない場合は行動で相手に好意を伝えるようにしましょう。
決定的に嫌い避けと思われる勘違いは防止できます。

スポンサーリンク

好き避けが嫌い避けだと感じ違いされる事を完全に防ぎたい場合、そもそも自分自身が好きな人を好き避けしてしまうタイプだと公言しておくと良いでしょう。
特に現在進行形でこうした悩みを抱えていると周りの人達に伝えておけば、直接的な形で好きな人に気にしてもらえます。
もしも自分の気持ちを周囲に伝えるのが恥ずかしい場合、注意したいのが中傷的な行動です。
例えば周りの人達に恋心を察知されてからかわれてしまった場合、好き避けが暴走して自分が好きな人を嫌っていると言ってしまう事もあるでしょう。
しかしこうした言葉は好きな人に思いを勘違いされてしまう決定的な悪手ですから絶対に避けなければいけません。
もしも周りの人にからかわれた時は、好きな人に対して冷たい言葉を吐くのではなく、からかう人達を叱責しましょう。
また人前で好きな人から親しくされた場合も、好きな気持ちが暴走して厳しい言葉を言いがちですが、もしも相手を傷付けるような事を言ってしまった場合メールなどで後々謝罪するのが大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加