好き避け うつむく

うつむくなどは好き避けかもしれないので相手をよく観察してみよう

スポンサーリンク

 好きな人と一緒にいるのは幸せなものです。
相手の事をもっと知りたくなり自分の事ももっと知ってもらいたいと感じます。
しかし人間の気持ちとは不思議です。
好きで一緒にいたいのに相手を避けてしまう好き避けをしてしまう事もよくあるのです。
 相手の顔をまともに見る事が出来ずにうつむく事や話したいのにろくに話せない事などは好き避けにはよくありがちです。
好きな人を見かけた時点で方向転換して会わないようにしてしまう事もあります。
 話したり出会ったりする事は好きな人と親しくなるチャンスです。
好印象を与えて自分を意識してもらう良い機会でもあります。
自分自身でもよく分かっているはずなのに実際にしている事はうつむく事や話さない事です。
逃げ出して会う機会さえなくしてしまう人もいます。
 そして後から思い返してみて嫌われたに違いないなどと落ち込んでしまうケースも少なくありません。
自分で好き避けをしておきながら不思議なのですが恋をするとうらはらな気持ちが出て来るのです。

スポンサーリンク

 好きだからこそ相手に近付きたい気持ちと近付いて嫌われたら辛いという気持ちが心に混在している事が原因と考えられます。
周りの友人にからかわれるのを嫌がり好き避けをしてしまう人も中にはいます。
特に男性は周りに人がいるとそっけない態度を取ったり強い口調で話したりします。
 もしも自分が異性から避けられたり嫌われていると感じる言動を取られていたらそれは好き避けかもしれません。
避けられたりそっけなくされるのは決して良い気分ではありません。
しかし行動の裏には別の感情が潜んでいる事もあるので注意が必要です。
感情に任せて他の人のいる前で問い詰めたりしない方が良いです。
 基本的には普通に接する事を心がけましょう。
落ち着いて見てみれば嫌われているのか好かれているのか分かるかもしれません。
そのうちに二人になるチャンスも出てきます。
 自分が相手を見るように相手も自分を見ています。
対応一つでも相手に対して感情が変化するのが恋愛です。
恋愛心理を知れば人の気持ちも分かるようになり自分も成長出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加