好き避け 期間

長期間の好き避けを改善する方法

スポンサーリンク

両思いの異性に好き避けされる期間が長引くと嫌い避けをされている可能性を考えてしまい、不安になります。
また避けている相手からすれば好きだけれど交際したい意志がない可能性もありますので、余計焦ってしまうでしょう。
好き避け期間が長期に渡った場合、まず相手の気持ちを確認する努力が必要になります。
既に自分の好意が相手に伝わっており、数年に渡って知り合い関係を維持している場合は告白に乗り出しましょう。
もしも二人きりで会えない場合は、電話で伝えるのも一つの選択肢です。
その際は好き避けしてくる相手がきちんと考えて返答できるように、事前にメールなどで「後で大事な話しがある」と伝えておくと良いでしょう。
既に自分自身の好意が明確な形で伝わっている場合は、呼び出して相手に今後二人の関係をどうしたいのか訊ねる事が大切です。
好きだからこそ避けてしまう人に真面目な話しがしたい場合、できるだけ相手が逃げずに問題と向き合ってくれる場所に呼び出しましょう。
個室のあるレストランなどが便利です。

スポンサーリンク

好き避けを克服したいと考えていても長期間改善できない場合、まずは好きな人に好意を伝える努力をしましょう。
例え日常的に好きな人を避けてしまったとしても告白に呼び出す事は可能です。
好意を知ってもらう事は恋愛関係を発展させる第一歩ですから、その場で返事はもらわずにただ自分の気持ちを知ってもらう事が大切です。
特に日常的に自分が相手を避けている理由が伝わっていない場合、これで理解してもらえますので貴重な第一歩なのです。
また長い期間好き避けが改善できない人は明確な目標を自分に設けていない可能性があります。
こうしたケースでは好きな人はいるけれど交際しないでも良いと、逃げの姿勢に転じてしまう事がありますから注意しましょう。
男女の関係が交際に発展しない場合、別の同性に好きな人がとられてしまう事も十分考えられるのです。
こうした事態を避けたい人であればどの程度の期間でどのような好き避けを克服するのか明確に目標を立てて乗り越えて行きましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加