好き避け 無視 心理

好き避けで無視をする人の心理について

スポンサーリンク

男性でも女性であっても好きな相手に無視をするといった好き避けの行動をする人がいます。
このように本当は好きな異性なのに無視をする人の心理状態は様々なことが考えられます。
まず1つ目に考えられるのは、プライドが高いために自分が相手の事を好きだという感情を悟られたくないという考えがあります。
もしも好きな事が相手に伝わって失恋をした場合にショックを受けるために、最初から避けるような行動をすると考えられます。
また本当は好きな相手なのに無視をする人の中には、周囲の人達に自分の恋愛感情が伝わって、それが噂になる事を避けるという心理状態も考えられます。
特に中学生や高校生のように、狭いクラス内の場合においては、クラスメイトから恋愛で噂になるのを避ける人がいます。
また会社内で同僚の事が好きであっても、その好意を相手に伝えることによって仕事に影響がすると考えられる場合については、好意を隠す場合があります。
そのような場合、好き避けをする事があります。

スポンサーリンク

本当は相手の事を好きなのに無視をするなどのように好き避けをする人の心理には、様々なことが考えられます。
まず過去のその相手の事を馬鹿にする言動をしたにも関わらずに、後に相手の事が好きになってしまった場合において、好き避けをする人がいます。
また、過去の恋愛で大きく傷つくことがあって、それが長い年月が経過してもトラウマになっている人がいます。
そのような人の中には、新たに好きな人が出来たとしても、男性不信や女性不信になっていて好き避けをしてしまう人がいます。
また、相手に彼氏や彼女のように恋人がいる場合も、相手に迷惑をかけないために、好意を隠すためにわざと無視をする人もいます。
この場合、特にその好きな人の恋人が、自分の友達であった場合は、その友達に迷惑をかけないために、好きな人を無視する傾向があります。
また、大学受験や資格取得や仕事の昇進試験などで勉強に集中している人も、勉強に集中する手段として、恋愛を絶つために好き避けをする人がいます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加